大阪・中之島 レクシア特許法律事務所のブログです。

2019年6月20日木曜日

レクシア知財セミナー「意匠大改正 その内容と予想される実務ーデザインがブランド化する時代に向けてー」のご報告

松井です。

6月18日名古屋、19日大阪で、
レクシア知財セミナー「意匠大改正 その内容と予想される実務ーデザインがブランド化する時代に向けてー」を開催しました。

各会場とも、とても熱心にセミナーをお聞きいただいたのと、ご質問やご意見を多くいただいたことから、その関心の高さを十分に知ることができました。
特に、改正後の関連意匠について、企業の立場からみた疑問点などをたくさんいただきました。我々自身も勉強させていただきました。ありがとうございます。

セミナーでは、前半は青木大也先生(大阪大学大学院法学研究科准教授,産構審意匠制度小委員会委員)から意匠法改正の内容を詳細にご解説いただきました。

後半は、私と弊所の鈴木弁理士とで、関連意匠や部分意匠を使った意匠の保護方法、改正後の予想される実務について、テクニカルな話をさせていただきました。ご参加いただいた皆様の実務のお役に立てば幸いです。

【青木先生・大阪会場にて】


【松井・大阪会場にて】
 


【鈴木・名古屋会場にて】

大阪・名古屋の会場にお越しいただきました皆様、誠にありがとうございました。
我々は、今後も有益な情報を発信していきたいと思います。

なお、本セミナーは、7月26日に、東京でも開催致します。
大阪・名古屋での内容をパワーアップさせるとともに、
東京開催までに入手できた情報があれば、それについても紹介したいと思います。

東京開催の参加申込はこちらです。
http://www.lexia-ip.jp/pdf/48th_tokyo.pdf


松井宏記


↓Ranking check.
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
にほんブログ村

2019年6月12日水曜日

東京開催決定!! 無料相談会付!! 「意匠大改正 その内容と予想される実務ーデザインがブランド化する時代に向けてー」のご案内 


松井です。

・大阪、名古屋に引き続き、ご要望にお応えして東京でも開催します(2019 年 7 月 26 日(金))!
・東京開催では「意匠相談会(予約制・無料)」を開催します!


令和元年5月17日、改正意匠法が公布されました。今回の意匠法改正はいわゆる「大改正」であります。デジタル技術を活用したデザインの保護、ブランド構築のために意匠制度が強化されます。具体的には、「保護対象の拡充」、「関連意匠制度の変更」などの改正項目があります。この他にも、意匠法施行規則の改正もあり、様式面の改正から全体意匠と部分意匠の類似関係の成立など、出願戦略に関わる部分が改正されます。今回の改正により、実務上、意匠出願戦略は大きな見直しが必須になります。

そこで、本レクシアセミナーにおいて、前半では、大阪大学大学院法学研究科准教授で産業構造審議会知的財産分科会意匠制度小委員会委員も務めている青木大也先生にお越しいただき、意匠法の改正内容を解説いただいた上で、それにまつわるエトセトラとして各種情報をご提供いただこうと思います。後半では、レクシアの松井宏記弁理士および鈴木行大弁理士により、意匠の中でもプロダクトデザインとパッケージデザインに絞って、強い広い権利の取得のために必須である関連意匠や部分意匠の使い方と、改正後の変化について現在入手できる情報から予想される実務を解説させていただきます。さらに新商標の登録事例が出てきていますので、新商標の登録事例から見たデザイン(およびブランド)保護戦略についても解説いたします。皆様のご参加をお待ちしております。


セミナーの詳細および申し込み用紙は、以下のリンク先をご覧ください。


第48回(東京)
http://www.lexia-ip.jp/pdf/48th_tokyo.pdf

東京の皆様、ご参加をお待ちしております。

(なお、来週開催される名古屋および大阪は、申し込みを締め切らせていただきました。多数の参加申込をいただき、誠にありがとうございます。)

松井宏記


↓Ranking check.
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
にほんブログ村

2019年6月10日月曜日

炭酸パック特許権侵害事件の知財高裁大合議判決(勝訴)のご報告

山田です。

弊所が原告(被控訴人)代理人として担当させていただいた炭酸パックという化粧品の特許権侵害訴訟に関する知財高裁大合議判決が令和元年6月8日に出され、当方の主張が全面的に認められました。

【知財高裁HP(判決全文+判決要旨)】
http://www.ip.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail?id=5180

平成17年4月に設立された知的財産高等裁判所には、第1部から第4部までの4ヶ部があり、通常は、各部に所属の3名の裁判官の合議体で審理がなされますが、知財高裁が重要と考える論点を含む事件に関しては、各部の部長を含む5名の裁判官から構成される特別部が設置され、「大合議」という形で判決が下される運用になっています。本件は知財高裁設立後、13件目の大合議判決になります。

本訴訟では、特許発明の技術的範囲の解釈、進歩性等の無効理由の有無も争点になっていましたが、知財高裁特別部が主たる争点として取り上げた論点は、損害論に関する論点(特許法102条2項、3項に基づく損害賠償額の算定手法)です。

詳細は、上記の知財高裁ホームページに掲載の判決要旨及び全文をご確認いただければと思いますが、特許法102条2項及び3項の損害額の算定手法に関し、知財高裁としての統一的な見解を示した点で、今後の実務の参考になる判決なのではないかと思います。

知財高裁の大法廷は、前に裁判官5名、後ろには傍聴人多数というなかなか緊張感のある法廷でしたが、満足の行く結果が得られ、ほっとしています。

本判決に関しては、今後、レクシアセミナーでも取り上げさせていただこうと考えていますので、また詳細が決まりましたら、ご報告させていただきます。

山田威一郎

↓Ranking check.
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
  にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
にほんブログ村

2019年6月4日火曜日

G20大阪サミットの影響あり?

松井です。

6月28日と29日、G20サミットが大阪で開催されます。

それに伴い、大阪市内では首脳の警備のための交通規制等が発表されています。
電車は通常通りに運行のようですが、バスは規制があります。

最近は、白バイの数が増えてきているように思います。
今日も事務所の近所で見ました。

群馬、福島から来られているようでした。援軍でしょうか。
白バイの集団を見ると、悪いことをしていないのに追いかけられている気になるのはなぜでしょうか。笑

自治体からは、人が集まるイベントは、6月27日から30日を避けて開催するよう要請があります。
そういえば、
意匠法改正のレクシア知財セミナーは6月18日(名古屋)と19日(大阪)ですので、サミットを避けていました。よかったです(これを言いたかったわけではありません・笑)。

レクシア知財セミナー、もう少し空きがありますので、まだ間に合います(そろそろ満席になりそうですが)。
お申し込み忘れのなきようお願い致します!

松井宏記


↓Ranking check.
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
にほんブログ村

2019年5月28日火曜日

NY→Boston→Tokyo知財の旅

松井です。

5月の中旬、2週間に渡って、
アメリカのニューヨーク→ボストン、そして、日本の東京に出張してきました。

ボストンでINTAの総会が開催されるために出張にでましたが、
INTA前に、ボストンからすぐのニューヨークに行きました。

ニューヨークではお世話になっている事務所を数カ所巡りました。
彼らも今からボストンに行くとのことで出張前の忙しいなかお邪魔しましたが、日頃の仕事などについて意見交換しました。

事務所訪問の合間に少し足を伸ばして、MoMA(ニューヨーク近代美術館)に行ってきました。実は初めてです。いままで何度か行こうとしましたが、いずれも代理人との会合で行くことができず、今回ついに行きました。
アートとデザインの両者に触れ、また、アートとデザインが全く異質のものであることをよく理解することができました。以下、私のお気に入り。

(モンドリアン)

(モネ)

(ピカソ)

(イサム・ノグチ)


ニューヨークの後は、INTA総会に出席するため、飛行機でボストンへ。
ボストンでは、世界各国の代理人と、意見交換を朝から夜まで5日間、みっちり行いました。

今年、特に感じたのは、意匠商標の世界的な調査ツールが進化していることでした。
JPP, WIPO GLOBAL BRAND DATA BASEなども進化していますが、
世界の調査会社、データベース会社が提供する調査ツールが進化していました。
会場でデモも拝見させていただき、早速、弊所での導入を申し込みました。

ボストンでは少し足を伸ばす時間はほとんどありませんでしたが、
レセプションで名所を訪れることができました。
アメリカの事務所がフェンウェイパークでレセプションを開催したので行ってきました。

【フェンウェイパーク】


ボストンでのINTAが終了したのち、今度は東京へ。
東京に到着したその日に、日本知的財産協会JIPA意匠委員会との意見交換会に行きました。改正意匠法に関する意見交換です。
やはりみなさん、多くの疑問をお持ちのようで、今後開催される意匠審査基準WGが楽しみです。

その後、5月25日(土)、26日(日)になったのですが、そのまま東京に滞在しました。
土曜日は工業所有権法学会に出席。シンポジウムのテーマが意匠法改正でしたので参加しました。
画像意匠や空間の意匠について熱い議論が交わされていて、勉強させていただきました。
その後の交流会では学者、弁理士、企業の方々とさらに意匠法改正等についてざっくばらに意見交換させていただき、今回の意匠法改正のインパクトの強さを知ることができました。

日曜日は新たに立ち上がった「デザインと法協会」に参加しました。
デザイナー、弁理士、弁護士、企業の方々が一堂に集う会の立ち上げです。
懇親会でも様々な方々とお話しさせていただきました。
今後の活動が楽しみであるとともに、大阪での活動も期待しています。


2週間に渡って、いろいろな会に参加してきたのですが、
意匠商標のトレンドが、デザインのブランド化、グローバル化、調査ツールの充実、人的交流の活発化などの言葉に集約されてきているように思います。

今回の出張で得た人脈、情報などを今後の実務に生かしていきたいと思います。

(最後に、NYハイラインにあるザハ・ハディド氏設計のコンドミニアム。ペントハウスは57億円だそうです。笑)

【520 W 28】

松井宏記

↓Ranking check.
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
にほんブログ村

2019年5月13日月曜日

レクシア知財セミナー「意匠大改正 その内容と予想される実務ーデザインがブランド化する時代に向けてー」のご案内

松井です。

名古屋(6月18日)と大阪(6月19日)で、
意匠法大改正に関するレクシア知財セミナーを開催致します!
下記をご覧いただき、是非ご参加ください(企業の知的財産ご担当者向け)。

★本セミナーにつきましては、本日、レクシアセミナー登録していただいている皆様に先行して周知させていただきましたところ、初日で、すでに多くの申し込みをいただいております。参加ご希望の際にはお早めの申し込みをお勧め致します。

-------------------------------------------

意匠法改正案が閣議決定され、第198回国会に提出されています(2019年5月7日現在)。

今回の意匠法改正はいわゆる「大改正」であります。デジタル技術を活用したデザインの保護、ブランド構築のために意匠制度が強化されます。具体的には、「保護対象の拡充」、「関連意匠制度の変更」などの改正項目があります。この他にも、意匠法施行規則の改正もあり、様式面の改正から全体意匠と部分意匠の類似関係の成立など、出願戦略に関わる部分が改正されます。今回の改正により、実務上、意匠出願戦略は大きな見直しが必須になります。

そこで、本レクシアセミナーにおいて、前半では、大阪大学大学院法学研究科准教授で産業構造審議会知的財産分科会意匠制度小委員会委員も務めている青木大也先生にお越しいただき、意匠法の改正内容を解説いただいた上で、それにまつわるエトセトラとして各種情報をご提供いただこうと思います。

後半では、レクシアの松井宏記弁理士および鈴木行大弁理士により、意匠の中でもプロダクトデザインとパッケージデザインに絞って、強い広い権利の取得のために必須である関連意匠や部分意匠の使い方と、改正後の変化について現在入手できる情報から予想される実務を解説させていただきます。さらに新商標の登録事例が出てきていますので、新商標の登録事例から見たデザイン(およびブランド)保護戦略についても解説いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。

セミナーの詳細および申し込み用紙は、以下のリンク先をご覧ください。

第46回(名古屋)
 


第47回(大阪)



松井宏記

↓Ranking check.
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ にほんブログ村

2019年4月10日水曜日

新人弁理士・若手弁理士との懇談(KTK懇談会)

松井です。

4月8日月曜日、中之島公会堂で開催されたKTK(関西特許研究会)懇談会に参加してきました。

私が参加した目的は、旧知の弁理士・弁護士といろいろ話すと同時に、新人弁理士・若手弁理士と意見交換するためです。

KTKのイベントには勉強熱心な若手や新人が集います。
積極的に業務時間外に勉強をしたいと思う人たちが集っています。
そのため、私も勉強しないとなー!といつも刺激をいただきます。

今年の幹事会にはレクシアの弁理士も参加しています(ここ数年、毎年レクシアから幹事が出ています)。
今年の代表幹事も熱心な方ですので、とても楽しいKTKになると思います。

懇談会では、多くの人とお話をさせていただき、新情報、オススメ情報などなどいろいろな情報を教えていただきました。
また、大御所先生とも意見交換できたのも、嬉しかったです。

やはり、定期的に業界の方と情報交換や意見交換するのは、必須だなと思いました。

KTK Facebookでの報告はこちら。
https://www.facebook.com/KTK.IP/posts/1063711943753257

今年のKTKの活躍が楽しみです!

松井宏記

↓Ranking check.
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
にほんブログ村

2019年3月28日木曜日

日本パッケージデザイン協会西日本での講演

松井です。

本年3月1日に、日本パッケージデザイン協会(JPDA)西日本で、
パッケージデザインの法的保護について、講演させていただきました。

JPDAでは東京で何度か講演させていただいているのですが、
今回は初の西日本での講演でした。

約50名のデザイナーの方々に、パッケージデザインの権利取得の実例についてお話しさせていただき、また、著作権についても注意点をお話し致しました。

質疑応答では、活発にご質問いただき、デザイナーの知財への関心の高さをよく理解することができました。

【講演の新聞記事】
(2019.3.25付包装タイムス)

講演会の後は、場所を移して懇親会にも参加させていただきました。
「新元号当て大会!」(面白かったです)にも参加させていただき、多くのデザイナーの方と交流させていただきました。

パッケージデザインを意匠権、商標権で保護する方法はいろいろあります。

特に、新規なパッケージデザインは、戦略立てれば意匠権で有益な権利群を取得できると思います。
すでに公開済みのパッケージデザインであっても、立体商標をうまく活用すれば、著名なものでなくても、いい権利を取得することはできます。

パッケージデザインは意匠と商標が最も交錯する分野であり、
デザインがブランド化する流れに乗って、
今後、意匠商標の中でも保護が重視されていく分野と思います。

パッケージデザイン保護は、今後も注視していきたいと思います。


松井宏記


↓Ranking check.
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
にほんブログ村

2019年3月27日水曜日

スマホがないと。。

松井です。

先日、スマホが通信機能を発揮できない状態で出張しました。

スマホそのままでキャリア切り替えの手続をしていて、
出張前に切り替えの利用開始手続が完了してしまい、
その時点で旧キャリアから見捨てられ、
新しいキャリアのSIMを入れるまで、スマホがネットや回線につながらない状態でした。

乗換案内アプリ使えず、メール使えず、ニュースは見れず。などなど。孤立。

乗換の検索ができないので、感覚的に早いルートをとる。
これはこれでアバウトな感じがいい。間に合えばいいのだ。笑

メールなし。
急ぎには対応できませんが、やるべきことは事務所でしてきたので、とりあえずはよし。

ニュースみれず。
街頭でニュースが掲示板などに流れていると、ついつい読む。昔はこうしてた。

コンビニでのキャッシュレス決済。
おそらく使えないので使わず(使えるかどうかをグーグル先生に聞くこともできず)。
久々にコンビニで現金を使う。1円単位で出そうとするので時間がかかる!

なかなか不安です。
10年前までは全然大丈夫だったものが、不安の塊みたいな人間に。
自分が弱くなったんかな?と思いましたが、
スマホのあまりの便利さで、不便を楽しめなくなってたことを認識しました。
不便があった方が緩くいけそうな気がする。。

たまには、スマホを置いて出かける日も作ってみようかと思う出来事でした。
(といいつつ、周りに迷惑をかけるので、今日もスマホを持って出かけてしまう。。)

松井宏記



↓Ranking check.
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
にほんブログ村

2019年3月15日金曜日

3Dデータと意匠権

松井です。

Brexitの方は、日本時間15日午前3時半に、イギリス議会はEU離脱延期を可決し、これからEU議会が延期を承認するかどうかの段階です。

英議会 EU離脱 6月30日まで延期を条件付きで可決

しかし、離脱延期にはEU議会の全会一致が必要ですので、まだどうなるかわかりません。というわけでBrexitの話題から離れます。


先日、名古屋で、「3Dデータと意匠権」というテーマで講演しました。



このテーマについては、大阪大学大学院法学研究科の青木大也先生が、とても整理された論文を発表されています。
「3Dデータとしてのデザインの保護と意匠法 ―3Dスキャナ・3Dプリンタを素材に―」

3Dデータは無体物ですので、登録意匠に係る3Dデータを他人が生み出した場合の取り締まりが難しい。
間接侵害での取り締まりも考えられますが、「のみ品」に該当する場合はかなり限定的と言わざるを得ないといえます。
(事業として、3Dデータをもとに生み出された立体物を販売などすれば、通常の意匠権侵害になります)

先日閣議決定された意匠法改正には間接侵害規定の改正もあります。
しかし、これは3Dデータの取り締まりをターゲットとしたものではなく、文言上も3Dデータへの権利行使は不明確またはかなり限定的のままと言えます。

デジタル技術の発展とともに、意匠法も進化する必要があります。
(・・と大きなことを言いましたが、まずは改正法を勉強します!)


松井宏記

↓Ranking check.
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
にほんブログ村

2019年3月13日水曜日

Brexit後のEU商標の英国での保護(詳細版)

田中景子です。

先日、松井から「合意なき離脱の場合」についての記事をアップしましたが、
今回は、「合意ある離脱の場合」も含めて詳細版をアップします。

Brexit(英のEU離脱)に関連し、離脱協定の締結期限(2019年3月29日)が迫るなか、英国内では、依然として、離脱協定の採否や、EU離脱延期の可能性などが議論されています。

その中で、英国政府は、2019年3月1日付けで、「合意なきEU離脱の場合の商標法への変更(原題:Guidance「Changes to trade mark law in the event of no deal from the European Union」)という指針を公表しました。

Brexit後、EU商標は英国でどのように保護されるのか。
以下、離脱合意のある場合/合意ない場合に分けて紹介します(直近の2019年3月1日英国政府の指針を参考に)。

(1)離脱合意のある場合
現行の離脱協定案によると、完全離脱までの移行期間である2020年末(=2020年12月31日)の後、EU商標は、英国で以下のように保護されます。

離脱日(2020年12月31日)直前までに登録されたEU商標は、離脱日に、当該EU商標と同等の英国の国内商標権が、自動的にEU商標権者に新たに設けられます(国内商標権の取得に費用は発生せず、且つ手続的負担もありません)。

離脱日時点で審査に係属中のEU商標は、離脱日に、当該EU出願の先願日や優先日を維持するために、当該EU商標と同等の英国の国内商標を出願する権利がEU商標権者与えられるにすぎません。したがって、原EU商標の出願人は、離脱日から9ヶ月以内(2021年9月30日まで)に英国政府に対して国内商標を出願する必要があります。出願手続きや費用の詳細は決まっていませんが、通常の国内出願と同等の庁料金を支払っての新規の国内出願となるのではと推測されています。

(2)離脱合意のない場合
2019年3月1日指針によると、離脱日直前までに登録されたEU商標は、離脱日に、当該EU商標と同等の英国の国内商標権が、EU商標権に新たに設けられます。同指針によると、この国内商標権は、英国の商標法下で出願され且つ登録されたように取り扱われます。原EU商標とは完全に独立した権利として、異議・譲渡・ライセンス・更新の対象となります。

英国の国内商標権の取得にあたり、費用は発生しません(ただし、最小限度の行政的負担が権利者に求められます)。

英国の国内商標の登録番号は、英国政府の作業の簡便化のため、EU商標番号の下8桁の頭に「UK009」を付けた番号になります。たとえば、EU商標の番号が「000000977」の場合、これに対応するUK商標の番号は、「UK00900000977」となります。

英国の国内商標の商標登録証は発行されず、代わりに、英国政府のオンラインデータベースで確認できます。

離脱日の時点で審査に係属中のEU商標は、離脱日に、当該EU商標と同等の英国の国内商標を出願する権利が与えられるにすぎません。したがって、原EU商標の出願人は、英国政府に対して国内商標出願を行う必要があります。特に、当該EU出願の先願日や優先日を維持するためには、離脱日から9ヶ月以内に国内出願を行う必要があります(原EU商標の同一の商標、指定商品・役務範囲内であることも要件です。この要件を満たさない場合、原EU商標の出願日の利益を享受できません)。

当該国内商標出願は、英国の商標出願として取り扱われ、英国商標法に基づき審査されます。

(3)まとめ
以上の通り、離脱合意ある/なしにかかわらず、EU商標の英国での保護に大きな違いはないと思われます。すなわち、離脱日直前までに登録済みのEU商標に対しては、新たに英国の国内商標権が設けられて保護されます。

 一方、離脱日時点で審査に係属中のEU商標に対しては、離脱合意ある/なしにかかわらず、英国政府は、保護のためのアクションは取りません。EU商標の出願人は、当該EU商標と同様の保護を英国でも享受するためには、自ら、英国政府に対して新規に国内出願手続きを行う必要があります。特に、原EU商標の先願日や優先日を維持するためには、離脱日から9か月以内に出願手続きを行う必要があります。

また、離脱日後に設けられる英国の国内商標権の更新管理に注意が必要です。同指針では、英国の国内商標権は、原EU商標権とは別の独立した権利となるため、英国の国内商標権の更新手続は、英国政府に行う必要があると明記されています。なお、離脱日前後で更新が可能なEU商標権について、離脱日前にEUIPOに更新手続きを行った場合、離脱後に発生する英国の国内商標権には再び更新手続きが必要か。離脱協定案にも当該指針にも明記されていません。よって、離脱日後に更新期限を迎えるが離脱日前に更新が可能なEU商標権については、更新手続きの時期については、現地からの情報を得てから慎重に検討されるとよいかと思います。

なお、昨日の3月12日、イギリス議会は、EUからの離脱条件を定めた協定案を再び否決しました。
そして、13日には、このまま「合意なき離脱」を行うのかを議会で諮ることにしています。そこでも否決濃厚との報道もあり、その場合には、14日に「離脱延期」の採決も行われます。Brexitは混迷しています。


田中景子


↓Ranking check.
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
にほんブログ村

2019年3月11日月曜日

Brexit 合意なき離脱に備えて

松井です。

イギリスがEUから離脱する離脱日、2019年3月29日が迫っています。
しかも、EUとイギリスと間に合意がない離脱(Hard Brexit)になるかもしれません。

みなさんもご存知の通り、Brexitによって、知財で大きく影響を受けるのは意匠商標です。

以下、「合意なき離脱の場合」の取り扱いをまとめます。

(1)全てのEU登録(ヨーロッパ商標およびヨーロッパ意匠、マドプロEU指定およびハーグEU指定)は、離脱後(2019年3月29日後)、イギリスに自動的に拡張されます。
 よって、離脱時点(2019年3月29日)で登録済みの案件は、何もしなくていいということになります。

(2)しかし、離脱時点(2019年3月29日)で、出願中のEU案件(ヨーロッパ商標およびヨーロッパ意匠、マドプロEU指定およびハーグEU指定)は、自動的にはイギリスに拡張されません。イギリスで保護を求める場合には、出願人は離脱日(2019年3月29日)から9ヶ月以内(2019年12月29日まで。しかし、12月29日は日曜なので次の30日まで)に、イギリスで同等の権利を求めるために申請をしなければなりません。この場合、EU出願の出願日、優先日、シニオリティは維持されます。
 よって、離脱時点(2019年3月29日)で出願中の案件は、イギリスに再出願するかどうか検討を行い、再出願を行う場合には2019年12月29日までに再出願を行います。

(弊所取扱の事案で上記(2)に該当する場合には、個別に連絡致します。)


松井宏記


↓Ranking check.
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
にほんブログ村

2019年3月7日木曜日

ミャンマー新商標法について

田中景子です。

ミャンマー商標法(以下、「新商標法」といいます。)が2019年1月30日に議会を通過しました。新商標法では、出願による商標登録が認められました。

新商標法の概要
新商標法の概要は以下の通りです。
・先願主義を採用しました。出願日(願書の受理日)を基準に出願が審査されます。願書には、商標、国際分類に基づく区分及び指定商品・指定役務、出願人の情報等、優先権を主張する場合はその旨を記載します。商標所有権宣誓の登記がある場合、登記書類を願書に添付します。
・商標の所有権の宣誓を登記した商標について、新商標法へ自動的に移行するとの規定はなく、ミャンマーで商標の保護を享受するためには、新たに商標出願を行い、商標登録する必要があります。
・審査官は、商標の絶対的要件について審査をします。絶対的要件に問題がないと判断された出願は、出願公告されます。その後、出願公告日から60日間の異議申立期間が始まります。異議申立の手続きでは、絶対的要件及び相対的要件が異議理由となります。
・異議申立期間が問題なく経過すれば、登録料を支払い商標登録が認められます。商標権の権利期間は、出願日から10年間です。
・登録から過去3年間の不使用に基づく取消審判制度や無効審判制度などの規定も設けられています。
・その他、新商標法の規定によると、ライセンスの登録申請がないライセンス契約は、効力を有さないと明記されています。したがって、ライセンス許諾予定の商標の場合は、商標出願を行い、商標登録後、当該商標登録に基づくライセンス申請を行う必要があります。

今後の留意点
新商標法は、大統領の発効日通知、及び、関連規則等や官庁(The Myanmar Intellectual Property Office (MIPO)の設立など)の整備が完了された後、発効・施行される予定です。

新商標法の施行に先立っての留意点は以下2点です。

 (a) 商標の所有権の宣誓登記等
ミャンマーで商標の保護を享受するためには、従来からの慣行通り、1908年の登録法に基づく商標の所有権の宣誓登記、及び、日刊紙での警告通知を行うことが必要です(実務上、これらの文書は、商標の所有権を主張する際の証拠書類とされています)。
なお、商標の所有権の宣誓登記を行った商標については、新商標法においても、以下のメリットを享受できる可能性があります。
新商標法では、同一または類似の商標の同日出願について、まず、両者による協議が義務づけられ、かかる協議不成立の場合は、審査官の決定に従わなければならないと規定されています。現地代理人の推測では、上記の決定判断において、出願商標が所有権宣誓登記されているか、ミャンマー国内で使用されているかなどの事実が考慮されうるとのことです。したがって、同日出願に該当した際の対応策として、商標の所有権の宣誓登記、及び、ミャンマーでの出願商標の使用実績がある場合は、その証拠を蓄積しておくことが望ましいと考えます。

(b)使用実績に関する証拠の準備(冒認出願への対応として)
ミャンマーですでに使用が始まっている商標の場合は、第三者による冒認出願への対応策として、ミャンマー国内における使用商標の新聞・雑誌での広告掲載、製品の売上高、シェアなどの商標の使用実績を証拠として保存しておくことも望ましいです。新商標法では、他人の未登録の周知商標と同一または類似の出願商標に対して異議申立または無効審判を請求できます。したがって、これらの証拠を蓄積しておくことで、たとえば、新商標法の施行後、ウォッチングで見つかった商標に迅速に異議申立を行うことができます。


田中景子


↓Ranking check.
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
にほんブログ村

2019年3月5日火曜日

意匠法の大改正について

鈴木です。

3月1日に意匠法の一部を改正する法律案が閣議決定されました。

改正内容は以下の通りです。

------------------------------
(1)保護対象の拡充
物品に記録・表示されていない画像や、建築物の外観・内装のデザインを、新たに意匠法の保護対象とします。

(2)関連意匠制度の見直し
・関連意匠の出願可能期間を、本意匠の登録の公表日まで(8か月程度)から、本意匠の出願日から10年以内までに延長します。
・関連意匠にのみ類似する意匠の登録を認めます。

(3)意匠権の存続期間の変更
「登録日から20年」から「出願日から25年」に変更します。

(4)意匠登録出願手続の簡素化
・複数の意匠の一括出願を認めます。
・物品の名称を柔軟に記載できることとするため、物品の区分を廃止します。

(5)間接侵害規定の拡充
「その物品等がその意匠の実施に用いられることを知っていること」等の主観的要素を規定することにより、取り締まりを回避する目的で侵害品を構成部品に分割して製造・輸入等する行為を取り締まれるようにします。
------------------------------

上記(1)(5)の中でも特に「(1)保護対象の拡充」及び「(2)関連意匠制度の見直し」が、今後の知財戦略に与える影響が大きいと考えます。

(1)保護対象の拡充については、新たに以下のような意匠が登録可能になります。

(例)
・クラウド上に保存され、ネットワークを通じて提供される画像の意匠
・壁や道路等に投影された画像の意匠
・建築物の外観や内装の意匠

やはり意匠権を取得できなかったものができるようになるという点は非常に大きい変化です。
それにより、上記意匠に関連のあるネットワーク業界や建築業界等の企業は、自社独自のデザインを守るための手段として新たに意匠権を活用できるようになり、意匠権を加えたより強い知財戦略を立てることが可能になります。

また、内装の意匠権については、建築関連企業だけでなく、全国にチェーン展開しているような飲食関連や小売関連の企業にとっても企業独自のブランドイメージを守るために活用できるものと考えます。

 次に、(2)関連意匠制度の見直しついては、これにより、例えば、自動車等のマイナーチェンジのように、長期にわたり一貫したコンセプトに基づき継続して開発されるデザインを関連意匠として保護することが可能になります。

 また、従来であれば、本意匠の出願時点で、先行きが読めない中で将来のデザイン変更まで見越した複数の関連意匠の出願を検討・出願しなければなりませんでしたが、本改正により、新たなデザインが完成した時点で関連意匠の出願を検討できるようになったため、デザイン開発に則した無駄の少ない出願戦略を立てやすくなります。

 ただし、関連意匠の出願期限は延長されたものの、将来出願する予定の関連意匠に類似する意匠がその関連意匠の出願前に他社により公開・出願されてしまえば、その関連意匠を登録することはできませんので、法改正後であったとしても、広い意匠権群を形成するために、本意匠の出願時点で、将来のデザイン変更等を予測して複数の関連意匠を出願するというスタンスは変わらないと考えます。知財において先を予測して先手を取ることは重要です。
 
本改正の内容を踏まえて、弊所では、知財戦略に関して継続すべきところと新しくすべきところを明確にし、最適な戦略をクライアントにご提案できるように今後も情報収集と分析を続けて参りたいと思います。

鈴木行大

↓Ranking check.
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
にほんブログ村

2019年2月28日木曜日

意匠商標分野における弁理士の成長過程について

松井です。

少し前になりますが、
パテント誌に「意匠商標分野における弁理士の成長過程について」というコラムというか読み物を掲載していただきました。


意匠商標を専門とする弁理士が実務経験を重ねるに際しての私なりの考えを発表しました。

これから意匠商標系弁理士を目指す方、意匠商標系弁理士として歩みだした方々に読んでいただきたいと思います。

どの分野の弁理士であれ一番重要なのは、絶えず勉強をし続け、情報を発信し、実務に生かすことです。
そのサイクルを続けてクライアントの信頼を獲得することです。どの過程が欠けてもダメだと思います。
奇抜な方法で目立とうとしてもいい弁理士になれません。

絶えず勉強をし続け、情報を発信し、実務に生かし、クライアントの信頼を獲得する。
この王道を歩むしかありません。

という私もまだ道半ば。
この王道を歩むべく精進したいと思います。

松井宏記

↓Ranking check.
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
にほんブログ村

2019年2月26日火曜日

意匠専門家として徳島へ(意匠出願のタイミングについて)

松井です。
先日、意匠専門家として、徳島まで初めて行ってきました。

専門家派遣事業では、日本のいろいろな場所にお呼びいただいておりますが、
今回は初の徳島です。

【徳島駅前】
ヤシの木が印象的でした。

道には阿波踊りの絵があります。


その横には阿波踊りの写真展が。さすが徳島。


ところで、意匠相談でよくお聞きする話が、製品開発と意匠出願のタイミングです。

一般的には、図面やデザインが確定した段階で意匠出願に進んでいくのがいいと思います。

しかし、会社ごとに、デザイン確定と試作品製作・発表その他作業のタイミングが異なります。

デザイン確定後、製品発表がだいぶん後の場合には、出願のタイミングをよく考えないといけません。先願主義があるので出願を急ぐ必要がありますが、デザイン確定と製品発表の期間が長いようだと、あまり早く出願すると製品発表より先に意匠公報が出てしまうリスクがあるので秘密意匠にする必要があります。

また、外国出願が必要な場合、秘密意匠が使えない国がありますので、あまり早期に出願すると日本では公報発行を遅らせることができたとしても、外国で公開されてしまうことがあります。

デザイン確定後に、デザイン変更されることもあります。関連意匠は本意匠の意匠公報発行まで(おおよそ本意匠の出願から6ヶ月程度)は出願できますので、その可能性も考慮した上で、意匠出願のタイミングを検討する必要があります。

いつ意匠出願すべきか。
実は、一般化できない奥の深い問題であると思います。
(だからこそ、意匠専門家が必要なのだと思います)

相談後、そんなことを考えながら、徳島から大阪へとバスで戻ってきました。


松井宏記

↓Ranking check.
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
にほんブログ村